総合トップ 
 
サイト内検索
 
文書館トップ > 福井県文書館について > ようこそ文書館へ


ようこそ文書館へ

 
 福井県文書館は、福井県の歴史を知る上で貴重な資料となる公文書・古文書・行政刊行物等を収集・保存し、広く一般に公開して、利用者の皆さんの歴史研究・生涯学習を支援する施設です。
 平成15年2月の開館以来10年が経過して、インターネットからの1日あたりのアクセス数は3,000件を越えています。この種の施設としては県内で初めての施設ですが、みなさんの関心の高さがうかがえます。
   
中庭からみた文書館棟
  中庭からみた文書館棟
 公文書は、県庁の文書も含め、行政の必要に応じて作成された文書で、歴史的に貴重なものも多く含まれております。しかし従来は保存スペースが限られていたこともあり、業務上必要がなくなると、順次廃棄されておりました。文書館では毎年発生する膨大な廃棄公文書から、歴史的な価値が生じると考えられる文書を収集、適切な環境で保存し、歴史研究等に役立ててまいります。
  また、置県100年記念事業として、昭和53年度から平成9年度にかけて行われた『福井県史』編さん事業では、20万点以上の古文書が調査・撮影されました。これらについても、目録整理をすすめ、公開しております。
閲覧室のようす(2010年10月)
  閲覧室
 利用に関しては、本館の大きな特徴として資料の目録をパソコンで検索できることがあげられます。この目録はインターネット上でも公開していますので、ご家庭であらかじめ検索を行ってから御来館いただければ、効率よく資料が閲覧できます。
   資料は利用されてこそ、価値があるものです。併設の県立図書館と役割を補完しあいながら、利用者の皆さんに親しまれ、利用しやすい文書館を目指して職員一同より一層努力してまいります。
   多くの皆さんの御利用、御来館を心からお待ちしております。
 
福井県文書館TOPへページの先頭へ
 
検索メニュー
資料検索
福井県内図書館等横断検索
学校で使える資料
福井県文書館 facebook

フレンドリーバス時刻表

その他の関連サイト

若狭図書学習センター

福井県立図書館

福井県ふるさと文学館
福井県オフィシャルサイト

国立公文書館

全国歴史資料保存
 利用機関連絡協議会

eKanji