総合トップ 
 
サイト内検索
 
図書館トップ > 行事のご案内 > 郷土資料展示 >  企画展「水上勉が描いた越前」


平成18年度 ふるさと文学コーナー 企画展

 

企画展「水上勉が描いた越前」

【終了しました】
 

作家・水上勉は大正8(1919)年3月8日、大飯郡本郷村(現おおい町)で生まれました。9歳で京都の禅寺に修業に出されますが、中学卒業後は様々な職業を経て作家となりました。

昭和23(1948)年『フライパンの歌』がベストセラーとなります。昭和34(1959)年『霧と影』を刊行、昭和36(1961)年『海の牙』で日本探偵作家クラブ賞、同年『雁の寺』で第45回直木賞など多くの賞を受賞しました。昭和60(1985)年には、郷里に「若州一滴文庫」を開設。多数書かれた作品には福井県を舞台にした小説や随筆も多く、平成2(1990)年には福井県民賞を受賞しています。
数々の小説、エッセイなどを旺盛に書き続けましたが、平成16(2004)年9月8日逝去されました。


期 間:平成18年6月6日(火)~7月17日(月・祝)
会 場:ふるさと文学コーナー

著書『越前竹人形』とヒロイン・玉枝の竹人形
著書『越前竹人形』とヒロイン・玉枝の竹人形
(物語の中で、玉枝が初めて喜助の家を訪ねた時、喜助はわらぐつにケットを羽織った美しい玉枝の姿に心を奪われた。 そして、無心にその姿を竹人形に仕立て、玉枝に贈っている。 
右の竹人形は、竹人形文楽公演の中で小道具として使われたもので、喜助の作った竹人形を人形師が再現した。)

「企画展「水上勉が描いた越前」 展示の様子

「企画展「水上勉が描いた越前」 展示の様子


「企画展「水上勉が描いた越前」 展示の様子

「企画展「水上勉が描いた越前」 展示の様子

 
福井県立図書館トップへこのページの先頭へ
 
福井県立図書館へようこそ(視覚障害者向け)
検索メニュー
蔵書検索
福井県内図書館等横断検索
新着図書のご案内
デジタルアーカイブ
インターネット予約ログイン
インターネット予約利用案内(留意点)

ガイドメニュー
図書館からのお知らせ
イベント・行事案内
図書館ふくい(広報)
利用案内
館内のご案内
資料の紹介・おすすめ
ふるさと文学
キッズ・ティーンズ
レファレンスサービス
図書館概要
リンク集
お問い合わせ一覧

きっずぺーじ

ビジネス支援コーナー

医療健康コーナー

白川文字学の室


図書館関係者向けメニュー   

県内市町立・大学図書向け
学校図書館向け

福井県外の図書館の方へ
その他の関連サイト  

福井県文書館

福井県立図書館分館サイト若狭図書学習センター

福井県ふるさと文学館

福井県オフィシャルサイト