総合トップ > 文学館 

福井県ふるさと文学館 新収蔵品展

福井県ふるさと文学館 新収蔵品展

開館後に新たに収集した福井ゆかりの作家に関する主な資料を一挙公開します。
今年は小浜市出身の詩人、児童文学者として活躍した山本和夫の没後20年を機に、
山本和夫の直筆資料や愛用品のほか、水上勉の本の挿画を多く手がけた司修氏の
挿絵などを展示します。

期間: 4月23日(土)~6月26日(日) 
主な展示資料:
 山本和夫自画像、愛用品、司修「父と子」(水上勉原作)挿画
 三好達治「岸田國士弔辞」原稿、志田弥広「炎の如く」(大島昌宏原作)挿画
関連イベント:
 講演会「水上勉さんとの楽しい思い出」
 キッズ文学シネマ「セロひきのゴーシュ」など
 文学カフェ「シリーズ作家を語る 山本和夫」
福井県ふるさと文学館 新収蔵品展.pdf
 

ふるさと文学館CM(藤島高校2年生制作)

 藤島高校2年生の生徒さん達が、「総合的な学習の時間」で
当館のCMを作成してくれました。
 みなさん、ぜひご覧ください。

 動画視聴はこちら