総合トップ > 文学館 

春の企画展

ふくいのお宝 ―ふるさと文学館コレクション展―
期間:平成30年4月21日(土)~6月24日(日) 観覧無料

内容:福井を代表する作家三好達治、中野重治、高見順、水上勉、津村節子の5人は、日本
    の近現代文学を代表する作家でもあります。本展では、この5人の作家と作品の数々
    は、まさに福井が誇る宝です。
    本展では、自筆原稿や愛用品、執筆関連資料など、開館3周年を迎えたふるさと文学
    館がこれまでに収集してきた5人に関する資料を一堂に展示し、その業績と作品の魅
    力をあらためて紹介します
主な展示資料
   三好達治愛用のカバン、中野重治「『文学者に就て』について」原稿、高見順従軍時の
   手帳、水上勉「父と子」装画(画:司修)、津村節子「炎の舞い」原稿など

6月のギャラリートーク 3日()、23日() 15:00~
                   9日()、17日() 15:30~      
 

聞いて楽しむふるさと文学

 聞いて楽しむふるさと文学  



三好達治、中野重治、高見順、水上勉、津村節子の作品の朗読を聞くことができます。
朗読は、加賀美幸子氏です。