総合トップ 
 
サイト内検索
 
図書館トップ > 図書館からのお知らせ


図書館からのお知らせ

 
図書館からのお知らせ >> 記事詳細

2018/01/13new

【開館記念行事】「岸 政彦×宮下奈都 トークセッション」 (2/25)

Tweet ThisSend to Facebook | by 福井県立図書館1
  【福井県 図書館・文書館開館15周年、ふるさと文学館開館3周年 記念企画】
  ティーンズ講演会「岸 政彦×宮下奈都 トークセッション」を開催します 申込みが必要です  申込チラシはこちらPDF

県立図書館の移転開館および文書館開館15周年と、ふるさと文学館開館3周年の記念企画の一つとして、若い世代の方たちが読書活動に関心を持ち、本をさらに身近に感じてもらえるよう、ティーンズに人気の高い、著書『ビニール傘』が芥川龍之介賞候補にもなった社会学者 岸政彦氏と、作家 宮下奈都氏のお二人による講演会を開催します。ぜひご来場ください絵文字:笑顔

 前半は宮下氏、後半は岸氏がそれぞれ聞き手となって、インタビュー形式で、10代のころの読書体験や作家の仕事、お互いの作品、音楽についてなど、自由に語り合っていただきます。
 終了後、サイン会を行います。講師の著作をご持参ください。

【その他の記念企画】
 
福井県 図書館・文書館開館15周年、ふるさと文学館開館3周年記念 行事一覧

     

日時 平成30年2月25日(日) 15:00~16:30
場所 県立図書館 多目的ホール
講師 岸  政彦(きし・まさひこ)氏[社会学者、立命館大学教授]
     宮下 奈都(みやした・なつ)氏[作家]
定員 200名(高校生以上)[要申込・定員になり次第締切、入場無料]
主催 福井県立図書館
後援 福井県読書推進運動協議会

【講師プロフィール】
<宮下 奈都氏>
1967年福井県福井市生まれ。福井県立高志高等学校、上智大学文学部哲学科卒。2004年「静かな雨」が第98回文學界新人賞佳作に入選。2016年、『羊と鋼の森』で第13回本屋大賞受賞。著書に『スコーレNo.4』、『よろこびの歌』、『誰かが足りない』、『つぼみ』など。最新刊はエッセイ集『緑の庭に寝ころんで』。

<岸 政彦氏>
社会学者、立命館大学教授。1967年生まれ、大阪在住。研究テーマは沖縄、生活史、社会調査方法論。主な著書に『同化と他者化』、『街の人生』、『断片的なものの社会学』(紀伊國屋じんぶん大賞2016)、『ビニール傘』(第156回芥川龍之介賞候補、第30回三島由紀夫賞候補)。共著に『愛と欲望の雑談』、『質的社会調査の方法』など。


17:30
 
 
福井県立図書館トップへこのページの先頭へ
 
福井県立図書館へようこそ(視覚障害者向け)
検索メニュー
蔵書検索
福井県内図書館等横断検索
新着図書のご案内
デジタルアーカイブ
インターネット予約ログイン
インターネット予約利用案内(留意点)

ガイドメニュー
図書館からのお知らせ
イベント・行事案内
図書館ふくい(広報)
利用案内
館内のご案内
資料の紹介・おすすめ
ふるさと文学
キッズ・ティーンズ
レファレンスサービス
図書館概要
リンク集
お問い合わせ一覧

きっずぺーじ

ビジネス支援コーナー

医療健康コーナー

白川文字学の室


図書館関係者向けメニュー   

県内市町立・大学図書向け
学校図書館向け

福井県外の図書館の方へ
その他の関連サイト  

福井県文書館

福井県立図書館分館サイト若狭図書学習センター

福井県ふるさと文学館

福井県オフィシャルサイト