イベント情報

 

2018/09/14

◆展示◆福井ゆかりの作家と「古典文学」、「読書」のテーマ展示

| by 文学館
福井ゆかりの作家と古典文学
 古典の日(11月1日)にちなみ、『万葉集』や『おくのほそ道』など、福井と関わりのある古典文学や、それらについて福井ゆかりの作家が現代語訳を手掛けたものなどを紹介します。
 期間:平成30年9月14日(金)~12月19日(水)
 場所:ふるさと文学館 福井の文学プロローグゾーン

福井ゆかりの作家が10代のころに読んだ本
 読書週間(10/27~11/9)にちなみ、中野重治、津村節子、荒川洋治など福井ゆかりの作家が多感な10代のころに大きな影響を受けた本を紹介します。
 期間:平成30年9月14日(金)~12月19日(水)
 場所:ふるさと文学館 福井の文学プロローグゾーン

09:00