総合トップ > 文学館> イベント> これまでのイベント> 27年度終了イベント 

27年度終了イベント

 
27年度イベント >> 記事詳細

2015/12/03

第3回文学カフェ「ムットーニの世界」【終了しました】

| by 文学館
 文学館の人気収蔵作品である「ムットーニ」の制作者武藤政彦氏(自動人形氏)から、作品制作に関する話を聞き、意見交換をします。当館所蔵の「おそろしいものが」の制作秘話や、武藤氏のその他のからくり人形箱の映像もお楽しみいただきます。

日 時    平成27年11月28日(土)14:00~15:30
場 所  福井県立図書館 研修室
       集合場所:福井県ふるさと文学館前
講 師  武藤政彦氏(自動人形師)
定 員  30名
申込方法 電話、メール、文学館カウンター
         TEL:0776-33-8866
         メール:bungakukan@pref.fukui.lg.jp
参加費  300円(飲み物代)


文学カフェ チラシ.pdf


実施報告

 文学カフェ第3回は、ムットーニ作品の世界について、制作者の武藤政彦氏を講師に迎え、お話しいただきました。
 はじめに、高見順の詩「おそろしいものが」をモチーフにした当館所蔵のムットーニ作品を鑑賞し、その制作過程を詳しくお話しいただきました。原作の「死」という重いテーマの中に見える「生」を光で表現したこと、初めて和装の人形を作ったことなど、武藤氏が原作から感じ取ったイメージを人形や舞台装置に反映し時間をかけて試行錯誤した制作秘話が語られました。また、設計図や仕掛けなど、文字通り作品の裏側を見ることができる貴重な機会となりました。
 最後に、これまでに制作された作品の映像を武藤さんの口上とともに楽しむ場面もあり、参加者はムットーニ作品の魅力を堪能しました。(参加者 27名)

10:46